1. トップ >
  2. 特集 >
  3. 男の休日特集

ゆっくり休む

せっかくの休日、家族で出かけるのもいいですが、たまには家でゴロゴロしていたいのが男の本音(ですよね)。そして、せっかくのんびり過ごすなら、ちょっとしたこだわりを持つ方が、その時間が何倍も充実したものになります。

例えば、重厚なストーリーの映画や海外ドラマを見る場合。まずは、お気に入りのお酒と、とっておきのおつまみをいくつか用意しておきましょう。一杯飲みながらの映画鑑賞は、映画館ではできません。休日ならではの大人の楽しみと言えるでしょう。

そして、観賞スタイルにも気をつけたいもの。ジャージやパジャマでは気分が盛りあがりません。自分なりのスタイルを持った部屋着をチョイスして観賞してください。そのままSNSにアップできる格好かどうか、そこが勝負の分かれ目です。

洗車・庭掃除

洗車と庭掃除は男の仕事。映画やドラマを見る限り、こればかりはどうやら国籍や地域を問わず、どこでも同じ「暗黙のルール」のようです。

もし空が晴れていたなら、「来週にしたい」気持ちをぐっと抑え、覚悟を決めて作業を始めましょう。洗車にしても庭掃除にしても、動きやすい格好をすることになります。それは間違いではありませんが、気の抜けすぎた服を選ぶのは得策ではありません。

あなたの様子をさりげなく見ているのが近所の奥さまたち。「あそこのお宅のご主人のセンスは…」なんて採点している可能性も考えられます。(井戸端会議など)知らないところで、「ご主人のセンスランキング」が決められているかもしれませんよ。

奥さまのお供

休日にありがちな行動のひとつが、奥さまと一緒の買い物ではないでしょうか。近くのショッピングモールまで出かけること、多くありませんか。

「奥さまのお目当ては、荷物持ちかおサイフか…」なんて考えるのはやめて、素直に休日デートということにしておきましょうか。だとしたら、あなたのコーディネイトは大切です。

そこそこの確率で、友人や知り合いに出会うことになるので、よれよれの服を着ていたのでは、奥さまに恥をかかすことになりかねません。決めすぎの格好をする必要はありませんが、年齢相応のカジュアルな身だしなみを心がけましょう。なにより奥さまは、いつまでもかっこいい旦那さんでいてほしいのですから。

旅行

今年のゴールデンウィークは10連休。毎日がんばっている男性にも、うれしいプレゼントですね。きっと家族との旅行を計画している人も多いと思いますが、旅のプランを練る時は、訪れる場所だけでなく自分の服装にも気をつけてください。

旅先ではたくさん写真を撮るので、あなたの服も写真として残るからです。アルバムを見るたびに後悔するのは嫌ですからね。旅では、基本的にはリラックスできる服装がおすすめです。

ただ、訪れる場所のドレスコードには配慮しましょう。例えば美術館にハーフパンツなどは、大人の男としてNGです。あとは、羽織れるものを持参するのもお忘れなく。暖かくなったとはいえ、まだまだ夜は冷えこむことがあります。よい計画とよい服装で、HAVE A NICE TRIP !

最近チェックした商品

チェックした履歴を:

残す

残さない

履歴を残さない設定をされているため、表示できる商品がありません。