1. 寒さに合わせて選ぶ!こだわりインナー活用術

keyv

じわじわと寒さが本格的になるにつれ、お洋服選びが難しくなってきたな…と感じませんか?
そんな時は気温の変化に合わせて、お洋服だけでなくインナーを上手に活用する事が必須です。
気温差に振り回されないコーディネートで、スマートなおしゃれを楽しみましょう。

寒さレベル1

10~15℃
ちょっと肌寒い日

10~15℃
ちょっと肌寒い日

コートを着るには暖かいかな…。 そんな日はダウンベストにあったか裏地のニットで軽やかスタイル。でも、お腹は冷やしたくないから腹巻付きのワイドクロップドパンツでこっそりあったか。

合わせたいのはこんなインナー

冬の始まりは、昼間は日差しがあっても夜は気温が下がり風が冷たさを感じたり…
そんな時は寒暖差に対応できるインナーで温度調節がベスト。
寒いときはあたたかく、暑いときは涼しく温度コントロールするインナーなら、
暖房による気温差や不安定な気候にも安心!衣替えなしで快適に過ごせます。

寒さレベル2

6~10℃
風が冷たく、本格的な寒さ

6~10℃
風が冷たく、本格的な寒さ

どこか華やかで遊び心のある装いの主役は、ブルーのキルティングコート。ゆとりのあるパターンなので中に着込むこともでき、もう一段階暖かさが欲しい時にも重宝する厚みです。スッキリシルエットのパンツもあったか。裏シャギー素材とどんなトップスにもコーディネートしやすいシルエットで、1本あると重宝します。

合わせたいのはこんなインナー

本格的に寒い日に着たいのは、生地の厚みもしっかりある頼もしいあたたかさのインナー。
生地の厚みはあるものの切りっぱなしの仕様なのでもたつかずすっきり着られます。
さらにデリケートになりがちな冬のお肌に嬉しい独自のうるおいベールで保温力のある温もりをキープ。
寒さ対策はもちろん、乾燥対策もしっかりしたい方におすすめです。

寒さレベル3

0~5℃
体の芯から冷えるような寒さ

0~5℃
体の芯から冷えるような寒さ

ハーフ丈コートとチェック柄スカートで冬のおでかけスタイル。体型カバーもしてくれる緩やかなシルエットは、インナーを重ねたレイヤードスタイルでももたつかずスッキリ見せてくれます。

合わせたいのはこんなインナー

寒さが厳しい日に選んでほしいのは、セシールの冬の定番スマートヒート!
体から発散される水分を吸着して発熱、心地よい保温性を実現するので
薄くて、軽いのに、朝着た瞬間からずーっと、あったかい。
襟ぐりの広さ、カップ付きなどバリエーションも豊富なので、
寒いけど着ぶくれしたくない、すっきりおしゃれを楽しみたい時にはピッタリのシリーズです。

スマートヒートシリーズをもっと見る

ボタン

最近チェックした商品

チェックした履歴を:

残す

残さない

履歴を残さない設定をされているため、表示できる商品がありません。