> > > 熱帯夜徹底対策と快眠寝具で、暑くて眠れない、寝苦しい夜もこわくない

熱帯夜徹底対策と快眠寝具で、暑くて眠れない、寝苦しい夜もこわくない

関連カテゴリ :
寝具・ベッド
更新日:
2017年7月13日
熱帯夜徹底対策と快眠寝具で、暑くて眠れない、寝苦しい夜もこわくない

暑い夏の夜。なかなか寝付けなくて苦労している方も多いはず。睡眠不足は、熱中症の原因にもなりやすいもの。よりよい睡眠環境を整えて、元気に夏を乗り切りましょう!

暑さのせいでなかなか寝付けない。やっと寝られたと思ったのに、汗だくで目覚める、そんな夜に苦しんでいませんか?

夜になっても25度より気温が低くならない、それが熱帯夜

猛暑の中、心配される熱中症に寝不足は大敵だというのに、眠れずに汗ばかりかいて時間がすぎて、気持ちばかりが焦る…。

そんな夜を少しでも減らすため、熱帯夜対策をいろいろ試してみましょう

熱帯夜に眠れないのは何が原因?

ヒートアイランド現象で、日中の暑さが夜まで残る
ヒートアイランド現象で、日中の暑さが夜まで残る

一昔前には考えられないような日中の気温、猛暑の、日本の都市部。ヒートアイランド現象により海からの風が入らないため、エアコンの室外機や、車の排熱で、上昇する一方の気温。そして、日中熱されたコンクリートの熱は夜になってもなかなか下がらない…。

熱帯夜にはほかにも原因がありますが、日中からの温度が下がりきらず25度以上ある状態の理由は、おおむねこんな感じです。

外気温が下がらなければ、当然室内の温度も下がりません。熱帯夜の室内は冷房なしで風がなければ、30度近いことも珍しくないでしょう。

これでは眠れなくて当然です!

眠れない原因は気温だけじゃない

眠れない原因のひとつが湿度

湿度が高いと汗をかいても蒸発しないため、気化熱が発生しません。そのため、体温も下がりにくく、汗がいつまでもべたべたと残り、不快な感じが続いて、寝付きをさらに悪くします。

むしむし、じめじめで不快指数があがります
むしむし、じめじめで不快指数があがります

さらに、体温が下がらないことが大きい

ヒトが眠りにつくときには体内の温度がいったん下がります

ですが、寝床についたときに暑すぎるとなかなか体温を下げられないため、いつまでも眠れない状態が続いてしまうのです。

気温が28度以上あって湿度も高いという室内は、これはもう寝苦しい環境以外のなにものでもありません。

体温が高いと眠れない
体温が高いと眠れない

エアコンだけに頼らずに快眠をめざすには?

理屈はわかった!では、どうすれば寝苦しい夜から解放されるのでしょうか?

エアコンをつければ、室温、湿度を調整できますが、それで解決というわけではありません。

タイマーをセットしておくと、切れた時に、室温があがって、目が覚めてしまう。一晩中エアコンをつけておいたら、電気代が心配。喉や鼻を痛めてしまうから、エアコンが苦手という方もいるかもしれません。

一人で寝ているならともかく、家族と一緒の寝室の場合、涼しいと感じられる温度が違うこともあります。

エアコンだけに頼らずに快眠する方法について考えてみましょう。

エアコンだけに頼らない
エアコンだけに頼らない

熱帯夜の快眠、裏ワザを考えてみよう!

つまり、今までに記した、寝苦しい条件、その逆の環境をつくれば快眠できるわけです。

体感温度を下げて、自然な眠りを呼ぶ

体内の温度は表面ではなく、体内の深部の温度です。平熱36.5度の人なら、35.5度、1度下がっただけで眠気がやってきます

そのためにできること。それは、寝る少し前にぬるいお風呂につかること。

シャワーだけで済ませたいところですが、熱いシャワーでは、汗は流せても、眠気は遠のいてしまいます。

ぬるいお湯にゆっくりとつかり、ストレスと汗を落としましょう。お風呂にゆっくりとつかり、血流をよくすると、身体があたたまり、体内の深部の温度が一旦上がります。またリラックス効果で副交感神経も活発になり睡眠に適した状態になります。

その状態で、お風呂から上ると、血行が良くなっているので、体内の温度がゆっくり下がっていき、自然に眠気がやってきます。このタイミングで就寝するようにすれば、快適な睡眠に入れるのです。

ぬるめのお風呂が、快眠への近道
ぬるめのお風呂が、快眠への近道

汗が蒸発するよう室内に気流をつくる

室内の空気がよどんでいると、なかなか室温がさがりません。扇風機首振りまたはサーキュレーターを使用して、気流を作ります。

これにより室温のよどみをなくしながら、風にあたることで汗が蒸発し、心地よい眠りを保てます。

空気を循環させてあげましょう
空気を循環させてあげましょう

エアコンを使うなら

よく、寝入りばな(体内温度が下がり、熟睡に移行する)2時間程度、高めの28度ぐらいの設定でクーラーをかけておくとよいといわれますが、これは室内の温度が28度以下を保てるのであれば、の話です。

クーラーを使うということは窓を閉め切るので、タイマーが切れた後、室内の温度が上がらない状況であれば、そのまま熟睡できます。

しかし、先に述べたようにコンクリートに昼間の熱が残っているような場合、マンションなどではクーラーが切れたと同時にすぐに室温も上がり始め、結果、汗まみれで起きることに……。
そのままクーラーをかけると、風邪をひいてしまうかもしれません。

クーラーをつけるのであれば、28~29度の高め設定にし、風量弱にしてつけっぱなしにした方がよいようです。(身体に直接風が当たらないようにしましょう)

温度高め、弱めの風量で、直接当たらない
温度高め、弱めの風量で、直接当たらない

今年は快眠グッズ、寝具にこだわって熱帯夜でもぐっすり!

機能性寝具で、快適睡眠を実現
機能性寝具で、快適睡眠を実現

今は、汗を蒸発させてひんやり感を保つ素材や、蓄冷蓄熱マイクロカプセルを折り込んだ製品もあります。

こうした機能性冷感寝具を使えば、快適な睡眠をさまたげられずに済むかもしれません。

温度調節機能素材を使ったパッドシーツで熱帯夜も快眠

快適な温度に自動的に調節する役割を持つ素材のシートが入ったパッドシーツは、布団またはベッドの上に敷くだけで快適な皮膚表面温度、約31℃~33℃にコントロールしようとしてくれます。

熱を吸収・放出する蓄熱蓄冷材、パラフィン材をマイクロカプセル化したアウトラスト®というシートを用いたパッドシーツは、暑い夏、特に人気の快眠グッズです。

掛け布団も、冷感タイプにすれば、気持ちよさ倍増

掛け布団やケットも、接触冷感素材や、熱伝導率の高い糸を使った素材なら、布団に入った瞬間、ひんやり気持いい!

丸洗いできるものなら、清潔さを保てるのもGOOD。

実は頭を冷やすのも、効果あり

血管が多く集まり熱を持ちやすい頭。

この頭をひんやり冷やすと快眠がやってきます。枕にも冷感素材のカバーがあるので、ぜひ使いたいもの。

それでも暑いときは氷枕を添えると気持ちよく眠れます。

猛暑でも熱帯夜でも朝まで快眠!

朝までぐっすり
朝までぐっすり

まずは身体や環境を整え、プラスして快眠寝具を利用して、今年の夏はもう寝不足の不快感からさよなら。

上手に良い睡眠をとって、暑い夏を元気に乗り切りましょう!

熱帯夜徹底対策と快眠寝具で、暑くて眠れない、寝苦しい夜もこわくない ページトップヘ

この記事もおすすめ

この記事に関係のあるセシールの関連商品

  • マイクロフリース掛け布団カバーマイクロフリース掛け布団カバー

    2,797円(税込)~

    とろ~りやわらかい新感触のマイクロフリースです。カラー全12色お好きな取り合わせコーディネートをお楽しみ下さい。

  • マイクロフリース枕カバーマイクロフリース枕カバー

    745円(税込)~

    とろ~りやわらかい新感触のマイクロフリースです。カラー全12色お好きな取り合わせコーディネートをお楽しみ下さい。

  • 「毎日でもお洗濯したいから」丈夫な綿100%の平織りシーツ「毎日でもお洗濯したいから」丈夫な綿100%の平織りシーツ

    1,026円(税込)~

    ベッドや寝具は常に清潔にしておきたい、シーツは毎日でもお洗濯したい…そんな方におすすめの洗濯に丈夫な綿100%の平織りシーツ。発売以来、リピート買い、買い足し続出の人気商品です。

  • 「丈夫でしっかり」綿ツイル掛け布団カバー「丈夫でしっかり」綿ツイル掛け布団カバー

    2,149円(税込)~

    「毎日使うものだから」丈夫でお洗濯に強く、肌触りの良い綿100%ツイル生地を使用。落ち着いたトーンの12色から選べるのでコーディネートも自在。シングル~クイーンまでの4サイズ展開です。ダブルサイズやクイーンサイズでも継ぎ目のない、こだわり仕様です。

熱帯夜徹底対策と快眠寝具で、暑くて眠れない、寝苦しい夜もこわくない ページトップへ

セシールは、40年の歴史を誇る老舗のカタログ通販です。オンラインショップでは低価格で良質な寝具・ベッド商品のほか、さまざまなカテゴリの商品を多数取りそろえております。初めての方でも安心してお買いものをお楽しみいただけるようサービスも充実しておりますので、ぜひセシールでのお買い物をお楽しみください。