堺 匠の技包丁

切れ味圧倒的。プロも納得の包丁。

この商品の情報をもっと詳しく見る

4,950円、6,600(税込)

税抜価格 4,500円、6,000円

在庫・価格一覧

この商品をシェアする
  • LINEに送る
  • (左から)B(出刃包丁/5寸)、C(柳刃包丁/6寸)

    (左から)B(出刃包丁/5寸)、C(柳刃包丁/6寸)

  • 熟練の鍛造と研ぎの技術

    熟練の鍛造と研ぎの技術

  • 厚みのある本格・片刃包丁

    厚みのある本格・片刃包丁

  • 魚が美しくさばける切れ味

    魚が美しくさばける切れ味

  • A(あじ切り包丁/3.5寸)

    A(あじ切り包丁/3.5寸)

  • B(出刃包丁/5寸)

    B(出刃包丁/5寸)

  • C(柳刃包丁/6寸)

    C(柳刃包丁/6寸)

  • サクッと骨まで切れる、自慢の切れ味

    サクッと骨まで切れる、自慢の切れ味

  • 切れ味のよさが食材の味につながります。

    切れ味のよさが食材の味につながります。

  • 堺の職人が1本1本刃付けしています。

    堺の職人が1本1本刃付けしています。

pref
next
  • (左から)B(出刃包丁/5寸)、C(柳刃包丁/6寸)
  • 熟練の鍛造と研ぎの技術
  • 厚みのある本格・片刃包丁
  • 魚が美しくさばける切れ味
  • A(あじ切り包丁/3.5寸)
  • B(出刃包丁/5寸)
  • C(柳刃包丁/6寸)
  • サクッと骨まで切れる、自慢の切れ味
  • 切れ味のよさが食材の味につながります。
  • 堺の職人が1本1本刃付けしています。

堺 匠の技包丁

4,950円(税込)~

本格的な切れ味で
大変な魚の調理が楽しくなる和包丁

切れ味の悪い包丁だと調理に時間もかかるし、食材をつぶして食感が悪くなることもありますよね。そんなストレスを少しでも解消する為に、プロの料理人にも認められている大阪堺の技術が詰まった包丁をぜひ家庭にも。

魚がきれいに捌ける理にかなったデザイン

重厚感があり、切れ味の鋭さがつづく。耐久性にも優れた和包丁。
刃は地金と銅を接着して打ち伸ばし、焼きを入れて磨き上げた伝統の技で魚がきれいに捌けます。包丁の柄は軽くて持ちやすく手に馴染みやすいポプラ材を使用しました。

お使いの用途によって3種類から選べます

【アジ切り包丁】アジや小魚を捌くのに便利で、下ごしらえや三枚おろしなども対応できます。
小出刃包丁より薄く、身の薄い魚にも使えます。釣り場で魚を〆るにも重宝します。
【出刃包丁】大きな魚の頭を落としたり、骨ごと切ったりする際にも力が入りやすい包丁です。
刃先がとがっているので、三枚におろす時もスッと切れ込みが入りやすいです。
【柳刃包丁】柳刃包丁は、関西で古くから使われているさしみ包丁の1種です。
ぬめりのある魚介類を引くのに便利で、切り身の魚や切り口を美しく新鮮に保つために肉類を切る事もあります。

幾年にも伝えられた技術と経験
【大阪・堺】の鍛冶職人

堺の打刃物の歴史は5世紀頃に作られた最近世界遺産で話題の仁徳天皇陵の構築の際、大量の鍛冶職人が集められ堺に住み着いたといわれています。戦国時代には火縄銃が伝来し、瞬く間に火縄銃の産地になりました。
江戸時代にはタバコの葉を刻む包丁を作り始め、当時の江戸幕府が政府専売品として堺極の封印で日本全国に販売するほどだったといわれています。
時代と共にタバコ生産が機械化されてタバコ包丁は必要とされなくなり、職人たちは経験と技術を生かして料理用の包丁を作り始めたのです。

商品説明

伝統の技で作り上げた大阪・堺の包丁。鋭い切れ味が続く本格派。ご家庭でも活躍する3種類をご用意しました。

■[刃部]炭素銅、軟鉄 [木柄]ポプラ
■サイズ(約cm)/[A]4.5×23.6(刃渡り11)×刃厚0.4[B]5.5×28.6(刃渡り15)×刃厚0.7[C]3×31(刃渡り17.5)×刃厚0.3
■重量(約g)/[A]74 [B]223 [C]113

●日本製

  • ※ サイズの測り方、衣料品のヌード寸法については共通サイズガイドをご確認ください。
  • ※ 返品などサービスについてはご利用ガイドをご確認ください。
品番 WF-4683
カタログ番号-申込番号 9634-550570

この商品を見た人は他に…

商品カテゴリから商品を探す

最近チェックした商品

チェックした履歴を:

残す

残さない

履歴を残さない設定をされているため、表示できる商品がありません。

- スポンサーリンク -