> > >

卒園式の服装、入学式のママのスーツ選びのポイント

まもなく春。卒園式、入学式のシーズンです。
入園式を終えて、幼稚園ママ、保育園ママとして忙しくしている間に、あっという間に卒園式。そして、まもなく迎える入学式。ついこの前までよちよち歩きで幼かった我が子がなんだか頼もしく、ひとまわりもふたまわりも大きく見える瞬間です。

でも同時に、育児に、仕事に、用品の準備、送り迎えに、かかりの仕事など、ここまでがんばった母親としての門出の日でもあります。入学準備でお忙しいと思いますが、入学式用のママのスーツ準備も忘れずに。お子さんと一緒に、晴れやかな笑顔の記念写真を残しましょう。

卒園式、入学式の服装、マナー

冠婚葬祭の冠は、もともと元服(今の成人式)を意味しますが、子どもの成長の記念日として卒園式、入学式は大事なものです。
お世話になった先生へ感謝を示す日でもあります。きちんとした服装でのぞみたいものですね。

ブラックフォーマル

最も格式あるスタイルです。お祝いの席なので、コサージュなどを使って華やかさを加えて。若いママなら、パンツスーツでもOKです。母親代表、保護者代表などであいさつをされる場合には、ブラックフォーマルが安心です。卒園式の服装としては定番とも言えますが、入学式は晴れやかなイベントですので、少し格式ばりすぎてしまうかもしれません。

ブラックフォーマルを探す

カラースーツ、アンサンブル

紺やグレー、ベージュなどが定番ですが、春ですし、淡いカラーのアンサンブル、スーツも入学式にぴったり。きちんとしていて、それでいてやわらかな印象に。ジャケットとスカート、パンツのアンサンブルや、ジャケットとワンピース、スカートといった卒園式、入学式でアレンジできるアンサンブルは優れものです。

カラーフォーマルを探す

着物

以前は卒園式、入学式の服装といえば着物という方も多かったようですが、最近では、着物姿の方を見かける機会が少なくなりました。でも、着物姿のママも素敵です。着物には格があるので、訪問着、あるいは付け下げ、色無地に袋帯がよいでしょう。小紋は微妙なところ。柄や色合わせにも注意してください。

※幼稚園や私立小学校の卒園式、入学式の服装は、情報が命!

幼稚園や私立小学校によっては、その園、学校ならではのルール、マナーのようなものがある場合もあります。卒園式でも入学式でも、ブラックフォーマルの方がほとんど、というところもあれば、逆にカラースーツの方がほとんど、というところもあります。役員などをやっていて、着物でなければならない、という場合もあります。ともかく、情報が命。
園長先生や所長の先生に伺ったり、先輩ママにお話を聞いたり、写真を見せていただいたりして自分の子どもの卒園式、入学式の服装マナーをチェックしておきましょう。

卒園式・入学式の服装 2013年のトレンド

せっかく購入する卒園式・入学式のスーツだったら、今年らしい流行を少し取り入れたいですね。

今年はシャーベットカラー、パステルカラー、白で統一などが注目。白いスーツは、子どものお世話やかかりのお仕事のある場合もありますからなかなか勇気がいりますが、きりっとカッコいい印象です。シャーベットカラー、パステルカラーのスーツは春の卒園式、入学式にぴったり!やわらかな印象で素敵です。

素材

透ける素材、レースなどがトレンド。スカートにシフォンなどを選んで、女性らしさを取り入れてみてはいかがでしょうか? その場合は卒園式の3月、入学式の4月はまだ寒いところもありますから、少し厚みのあるしっかりした素材のジャケットを合わせるとよいかもしれません。

形、柄

ロマンティック、フェミニンがキーワード。マーメイドタイプのスカートや大き目なリボンのついたワンピースなど、ママの入学式スタイルにぴったり。また、春らしくフラワーモチーフのデザインを取り入れても。

卒園式・入学式を彩るその他アイテム

卒現式、入学式、スーツ選びだけでは終わらない。アイテムいろいろ。

コサージュ

卒園式の服装の定番といってもよいくらいのアイテムです。
以前は下向きに着けるもの、だったらしいですが、今はスーツに合っていれば上向きでも下向きでもOKです。ただし、つけるのは左胸。ジャケットなどの厚地のものに着けるときはよいのですが、ワンピースなどで、薄地のものに着ける場合は重さでぶら下がってしまうことも。その場合は、下着などと併せて止めることで、対処できます。

スリッパ

忘れてしまうと大変です。前日から用意しておきたいくらいです。
これまでお使いのスリッパが、フォーマルウェアでもそれなりに見えるかどうかチェック。足元だけ、カジュアルで浮いて見えてしまわないように注意が必要です。携帯用の折り畳みのものを用意しておくと、その後の小学校での保護者会や学校公開などで使えて便利です。

ハンカチ

入学式ならまだよいのですが、卒園式で忘れると大変です。感激して泣いてしまうこともあるので、レースのフォーマルのハンカチのほかにちょっとしっかりしたタオル地のハンカチをしのばせておくと、ばっちりです。もちろん、ティッシュもお忘れなく。

サブバッグ

卒園式もそうですが、入学式などではたくさんの持ち物を持ち帰ることが多いので、A4ファイルが入るサイズのサブバックを用意しておくと便利でしょう。

ひざかけ、カイロ

会場にもよりますが、普段の教室より広い場所で行われるので、着物の場合は心配いらないですがスーツやワンピースの場合、足元が冷えることも。気温が低いことが予想できる場合は別ですが、ばっちり毛布というのも荷物になりますし、厚地のストールなどがあれば外で寒いときには肩にはおったり、椅子に。かけているときはひざ掛けにしたりと便利です。

準備はよろしいですか? 主役はもちろん子どもですが、母親としても晴れ舞台。
スーツ、着物姿でばっちり決めて、卒園式、入学式でのわが子の晴れ姿を目に焼き付けきてください。

卒園式の服装、入学式のママのスーツ選びのポイント特集 ページトップへ